ルエハ(LUEHA)(LUEHA) 成分 副作用

ルエハ(LUEHA)育毛剤は最先端の育毛剤です。

毛根をよみがえらせるために、有効な成分を製薬会社と共同開発の最適配合を実現させています。

ルエハ(LUEHA)育毛剤に配合されている発毛を促進する成分とサポートする成分と副作用について調査しました。

わかりやすくご紹介します。

>>ルエハ育毛剤は効果なしって本当なの?口コミの評価はどうなの?

ルエハ(LUEHA)育毛剤のトリプル有効成分ってなに?

ルエハ(LUEHA)育毛剤に配合されている育毛に欠かせない有効成分は以下の3つです。

  • 血流を促進するセンブリエキス
  • 脱毛を抑制するジフェンヒドラミン
  • 頭皮を改善するグリチルリチン酸

それぞれを詳しく説明します。

血流を促進するセンブリエキスは細胞増殖作用もある

リンドウ科の植物センブリから抽出されるエキスは、日本独自の代表的な民間薬のひとつです。

苦味のある胃薬として有名ですが、育毛作用もあり、多くの育毛剤に配合されています。

医薬品に比べて穏やかな育毛作用で、毛髪以外のまつ毛や眉毛用美容液にも使用されています。

センブリエキスは毛細血管の血行促進作用の他に、毛根の細胞を増殖する作用もあります。

また、センブリエキスは副作用がないことでも有名な成分です。

脱毛を抑制するジフェンヒドラミンは血行促進と抗炎症効果

ルエハ(LUEHA)育毛剤に配合されているジフェンヒドラミンは、血行促進の他に、抗炎症効果があります。

湿疹やじんましん、皮膚の炎症に効果を発揮し、かゆみも抑えます。

副作用はありませんが、過敏症の方は発疹等の可能性があります

頭皮環境を改善するグリチルリチン酸は脱毛予防効果もある

グリチルリチン酸は漢方薬のカンゾウから抽出される成分で、多くの市販されている育毛剤に含まれています。

殺菌作用と抗炎症作用があり、頭皮の菌の繁殖を防いで、かゆみやフケの発生を抑えます。

同時に、頭皮の皮脂の過剰分泌を抑える効果も期待されます。

抜け毛の原因となる皮脂による毛穴のつまりが原因の炎症を防ぎます。

副作用はありませんが体質に合わない場合は、かゆみを感じることもあります。

一般に言われているグリチルリチン酸による偽アルドステロン症は、内服した場合だけです。

ルエハ(LUEHA)育毛剤の7つのサポート成分って何?副作用は?

ルエハ(LUEHA)育毛剤には、有効成分の他にサポート成分も入っています。

この7つの成分によってルエハ(LUEHA)が頭皮に浸透しやすくなります。

そして、育毛を促進するサポートも行います。

成分表示は、医薬部外品表示を使用しています。

アロエエキス-2

アロエエキス-2は、ユリ科のアロエベラの葉から抽出されたエキスです。

肌荒れを防ぎ細胞の再生を促す効果や、紫外線吸収作用があります。

育毛剤として使用される時は、抗菌抗炎症作用と保湿によって、頭皮の環境を整えます。

また細胞活性化作用によって、頭皮の細胞を活性化し血行を促進する作用があります。

民間薬として長年使用され、副作用はありません。

海藻エキス-1

海藻エキスはもずくやワカメ、昆布のような海藻の「ぬめり」から得られる成分です。

海藻エキスには、保湿や皮膚を柔らかくする効果があります。

そして、細胞賦活効果といわれる毛乳頭細胞増殖促進効果があり、ヘアサイクルの正常化を促進します。

海藻エキスの副作用の報告はありません。

ビワ葉エキス

ビワ葉エキスはビワの葉から抽出されたエキスです。

果実は食用ですが、葉は生薬として皮膚の疾患やかぶれに使用されてきました。

抗菌作用や収れん効果があり、あせもやニキビを防ぎます。

また、ビワ葉エキスは毛髪の成長を促進させる物質の産生を促進し、毛髪の成長期の停止に関与する物質の発現を抑制させる効果があります。

このような脱毛予防に効果があるだけでなく、白髪の予防や改善する効果もあります。

ビワ葉エキスに副作用はありません。

ショウキョウチンキ

ショウキョウチンキはショウガの根茎から抽出されたエキスです。

ルエハ(LUEHA)育毛剤では、活性化ショウガオールとしても使用されています。

ショウガオールは、ショウガに含まれる体を温める成分です。

消化器官を刺激して、血流を高め、体内で熱を作り出します。

ショウキョウチンキは毛根や頭皮を刺激し、頭皮の血行を促進することで、頭皮をやわらかくします。

副作用はありませんが、ショウキョウチンキの血行促進作用は皮膚への局所刺激によって作用するので、過敏症の方にはわずかですが皮膚刺激を感じる可能性も考えられます。

チンピエキス

ウンシュウミカンの果皮から抽出されたエキスです。

頭皮のハリや弾力を保ち、血行促進効果によって、毛乳頭に栄養が十分に行き届く効果もあります。

また、抗炎症作用や皮脂の合成抑制効果により、頭皮を清潔に保ち、頭皮環境を整える効果もあります。

チンピエキスの副作用はありません。

冬虫夏草エキス

冬虫夏草エキスは、地中に穴を掘って生活する大型の蛾の幼虫に寄生するきのこの1種です。

非常に高価なもので、中国の厳しい輸出制限により日本では入手困難です。

そこで、現在は日本国内で人工栽培が行われ、安全性の高いエキスが流通しています。

冬虫夏草エキスは、脱毛に関係のある悪性男性ホルモンのもとになる酵素の抑制作用により、正常なヘアサイクルを取り戻す効果があります。

この他、抗菌作用もあり、頭皮の清潔を保ちながら育毛環境を整え、健康的な頭皮にします。

冬虫夏草エキスを塗布する場合の、副作用はありません。

ヒオウギ抽出液

ヒオウギ抽出液はアヤメ科のヒオウギの根から抽出されたエキスです。

女性ホルモンに似た働きをするイソフラボン誘導体を含んでいます。

このイソフラボンは大豆に含まれるポリフェノールの1種で美しい艶のある毛髪を作ります。

また、薄毛の原因の男性ホルモンに関係のある酵素の活性化を低下させます。

この他、肌にハリや弾力を保つ働きをするヒアルロン酸やコラーゲンの働きを促進し、保湿効果によって、頭皮の環境を整えます。

ヒオウギ抽出液の副作用の報告はありません。

ルエハ(LUEHA)育毛剤の有効成分でヘアサイクルの正常化を促進

育毛剤の有効成分の多くは、血行促進と抗炎症作用、細胞増殖促進です。

どうして、この成分で育毛をサポートできるのでしょうか。

育毛剤の有効成分は、以下のように働きます。

・血行促進作用によって毛細血管を拡張し、血液量を増大させる。

・抗炎症作用によって、皮脂の分泌を抑制する。

・細胞増殖促進作用によって、毛乳頭細胞を活性化させる。

この「毛乳頭細胞」を少し説明します。

「毛乳頭細胞」は発毛の司令塔

発毛のメカニズムは、毛乳頭細胞以外にも多くの異なる働きをする細胞が関係して働いています。

これらの細胞以外の生体分子もメカニズムの制御に欠かせない物質です。

生体分子がシグナル伝達物質として、発毛のプロセスを実行しています。

「毛乳頭細胞」は発毛の司令塔として、シグナル伝達物質を支配しています。

つまり、「毛乳頭細胞」が活性化すると、「発毛プロセス」「ヘアサイクル」が正常に行われます。

「毛乳頭細胞」を正常に保つことがヘアケアの基本

「毛乳頭細胞」が正常に保たれていないと、発毛やヘアサイクルのシグナルを発することが難しくなります。

発毛だけでなく毛髪の成長もサイクルの乱れによって、丈夫に育毛されなくなります。

したがって、「毛乳頭細胞」を正常に保ち、活性化することがヘアケアの基本となります。

育毛剤は、「毛乳頭細胞」の活動を促進するためのものを選ぶことが重要になります。

安全性を重視して、決して「毛乳頭細胞」を傷つけない育毛剤を使用しましょう。

ルエハ(LUEHA)育毛剤の「毛乳頭細胞」に働きかける成分は自然由来

ルエハ(LUEHA)育毛剤では、7つの成分で有効成分の働きをサポートします。

この7つのサポート成分は、全て自然由来のものです。

昔から日本で生薬として、また民間薬として使用され続けたものばかりです。

これらの安全で、日本人に適した成分によってルエハ(LUEHA)育毛剤は「毛乳頭細胞」に働きかけ、育毛を促進しヘアサイクルの正常化を助けます。

まとめ

いかがでしたか。

ルエハ(LUEHA)育毛剤は副作用の心配がほとんどありません。

過敏症の方は、まれに刺激を感じることもあります。

現在、医師の治療を受けている人や、今までに薬などによってアレルギー症状を経験したことがある人は、ルエハ(LUEHA)育毛剤使用前にかかりつけの医師や薬剤師に相談してください。

自然由来のものを使用したルエハ(LUEHA)育毛剤をぜひお試しください。

\今だけ無期限返金保証付き!在庫残りわずか/

ルエハ(LUEHA)(LUEHA)の公式サイト